無担保ローンの取り扱い 無担保のローンについて

金融機関からお金を借りるとき、担保となるとなる物件(土地など)を差し出すことなく借入れを行う事を『無担保ローン』と言います。

言葉にあまり馴染みはないですが、皆さんが普通に使われているショッピングクレジットやキャッシングなどは、この無担保ローンにあたります。

他にも自動車ローンや教育ローンなど、一般的には住宅ローン以外はほとんどが無担保ローンになります。

担保が無いという事は、あくまでも借り手を『信用』してという事になります。そのため、担保を差し出してのローンと比べると限度額が低い、融資期間が短い、金利が高いなど、貸付条件が若干厳しくなる向きがあります。

これらの貸付条件は、借り手の現状や貸し手の方針によって、色々と違いが存在します。ケースによっては、一定期間内であれば金利を取らないローンも存在します。

無担保ローンの一般的な方法として『クレジットカード』と『振り込みローン』があります。この他に『消費者金融』も無担保ローンを行っています。

無担保ローンは基本的に家具や家電製品の購入や、旅行費用などの比較的小額なものに使われるケースが多いのではないでしょうか。

もしローンの返済が適切に行われなかった場合は、通常の返済額に加えて『遅延損害金』と呼ばれる追加料金が課されます。また、あまりにも返済が滞ってしまった場合は、ローンの残高が債権として債権回収業者に回されてしまい、最終的には法的手段を取られてしまいます。

無担保ローンは担保を必要としないため、一般の人でも手軽に行う事ができます。他方で、ローンを返済するという責任意識が有担保ローンと比べて希薄になりやすいのも事実です。

今日のように様々な金融機関が、様々な方法で借り手の獲得に乗り出している一方で、支払い期間や違約金、利子率についてはかなり厳しくなっています。

実際にローンを利用する場合はその目的を明確にし、確実に返済できる返済プランをきちんと立てておく必要があります。

Copyright (C) 無担保ローンの取り扱い 無担保のローンについて All Rights Reserved